山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

診療科(医師)紹介Medical department and doctor

耳鼻いんこう科

耳鼻いんこう科長 那須 隆
当科の体制

外来診療は、月曜日~金曜日の午前中に耳鼻咽喉科・頭頸部外科の一般的な診療を行っています。

入院診療では16床のベッドを担当し、入院を必要とする耳鼻咽喉科疾患・頭頸部腫瘍疾患の治療を行っています。

手術は、週4日間(月曜日~木曜日)行っており、全身麻酔、局所麻酔手術を合わせて年間およそ250~300例の治療を行っています。その内容も、良性のものから悪性のものまで幅広い疾患に対応しています。

【周辺医療機関との連携】
また、当科診療の特徴として、山形市内や村山地方の開業医の先生と連携して診療を行うことが上げられます。例えば、開業の先生の診療所で入院治療や高度な検査を必要とする患者さんが受診された場合には、速やかに当院をご紹介いただき、当科で入院・手術・検査を行います。そして、当科で必要な治療が終了した後は、ご紹介いただいた開業の先生にお戻りいただいて、以降の必要な診療を開業の先生が継続して行います。

このような診療体制から、患者さんには安心して治療を受けていただくことができると考えています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の疾患について

耳鼻咽喉科の病気といいますと、一般的には耳や鼻などのごく狭い領域の病気をイメージされますが、実際の耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の疾患は、首から上の領域で、脳(頭蓋骨)と眼、脊椎を除いた臓器から発症するすべてと言っても過言ではありません。

さらに、聞こえ・におい・味・体のバランスなど感覚に関わる臓器を取り扱うことや、お話をすること・息をすること・食べること・飲み込むことなどの機能に深く関わる領域を取り扱うなど、いのちや生活の質(quality of life)を維持する上で必要不可欠な領域における疾患の治療に携わっています。

具体的には次のとおりです。

炎症性疾患 中耳炎や副鼻腔炎、鼻炎、口内炎、咽頭炎、扁桃炎、喉頭炎、唾液腺炎、甲状腺炎、軟部組織炎(蜂か織炎)などがあります。原因としては細菌・ウイルス感染だけではなくアレルギーに関わるものや膠原病に関わるものまで多岐にわたります。
腫瘍性疾患 これには良性も悪性もあり、耳、鼻、副鼻腔、口腔・咽頭、喉頭、頚部食道、唾液腺、甲状腺、リンパ節などありとあらゆる領域から発症します。これらを含めて頭頸部腫瘍といいますが、頭頸部悪性腫瘍は、全悪性腫瘍の8.9%に当たると推測されます。
外傷性疾患 顎顔面骨の骨折だけではなく、喉頭・器官など気道に関わるものなど生命に関わるものもあります。
神経性疾患 難聴、耳鳴り、顔面神経麻痺、めまい、味覚低下などの神経耳科疾患や、嗅覚低下などの鼻科疾患、反回神経麻痺(声のかすれ)などの喉頭疾患などがあります。
先天性疾患 耳介の奇形、先天性耳瘻孔、頸部嚢胞など。

当院におけるがん診療

■最新の診療実績(診療科別・部門別臨床指標)

医師紹介

医師 氏名 所属学会 履歴
画像の保存は出来ません
那須 隆
日本耳鼻咽喉科学会(専門医・専門研修指導医・補聴器相談医)
日本頭頸部外科学会(頭頸部がん専門医・暫定指導医)
日本気管食道科学会(専門医)
日本がん治療認定医機構認定医
日本喉頭科学会
日本口腔咽頭科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
日本嚥下医学会
日本めまい平衡医学会
H6年 山形大学卒
H12年 山形大学医学博士
画像の保存は出来ません
新川 智佳子
日本耳鼻咽喉科学会
日本耳科学会
日本鼻科学会
日本頭頸部外科学会
日本頭頸部癌学会
H19年 山形大学医学部医学科卒
H29年 山形大学大学院医学系研究科卒(医学博士)
画像の保存は出来ません
浅野 敬史
日本耳鼻咽喉科学会
日本耳科学会
日本頭頸部癌学会
H27年 弘前大学卒
画像の保存は出来ません
天野 真太郎
H28年 山形大学卒

勤務担当日

区分
新患・再来 新患:天野/再来:那須 新患:新川/再来:那須 新患:山大/再来:那須 新患:山大/再来:新川 新患:浅野/再来:新川