山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

診療科(医師)紹介Medical department and doctor

リハビリテーション科

リハビリテーション科長 齊藤 元太

リハビリテーション科では主に脳卒中急性期のリハビリを行っています。

近年、脳卒中リハビリの分野ではニューロサイエンス(神経科学)を応用した「ニューロ・リハビリテーション」が広まりつつあります。これまで脳の神経細胞が障害されると二度と元には戻らないといわれてきました。しかし障害を受けた神経細胞の周辺の神経細胞などが、リハビリをすることによって、障害を受けた細胞が持っていた機能を獲得する、いわゆる脳の可塑性の働きにより麻痺が改善する可能性が示唆されました。これまでは麻痺肢の回復を諦め、非麻痺側での日常生活動作(ADL)を確立するADL重視の傾向が強かったのですが、ニューロ・リハビリでは麻痺肢の機能回復を目的としています。そのためには麻痺肢をできえるだけ動かす必要があり、ボツリヌス毒素による痙縮治療、電気刺激や磁気刺激などのニューロ・モデュレーション、リハビリロボットなどがニューロ・リハビリに用いられます。

当科で行っているニューロリハ・ロボットリハとしては、表のようなものがあります。

1.体重免荷式トレッドミル訓練(BWSTT:Body Weight Supported Treadmill Training)

体を吊り下げて体重の負担を減らし、ベルトコンベア上を歩行するものです。動物には脊髄に歩行の調節装置であるCPG:central pattern generatorが存在するといわれており、このCPGを活性化することにより、必ずしも脳からの入力がなくても歩行を再獲得することが可能と考えられています。BWSTTではこのCPGを賦活するのではないかといわれています。また不安定な状態でも転倒を考えることなく、長距離の歩行訓練が可能になります。

2.長下肢装具型ロボット

現在歩行支援ロボットとして応用されているのがHAL(Hybrid Assistive Limb)やトヨタのGEAR(Gait Exercise Assist Robot)、ホンダの歩行支援ロボット、ALTER-G社のBionic Legなどです。当科ではBionic Legを導入しております。これは足底の圧力センサーで患者さんが立ったり座ったりするときの圧力の変化をとらえ、膝に取り付けられたモーターが魚語気をサポートするものです。麻痺で足が動かなくなった患者さんでも早期から立位訓練が可能になります。

ニューロ・モデュレーションとは異常をきたした中枢神経系の機能を、微弱な電気刺激を行ったり、薬剤を持続的に投与したりすることで修正・制御し、疾病や障害の治療を行うものです。このニューロ・モデュレーションとして下記のものを使用しています。FES:Functional Electrical Stimulation装置のNESS L-300、随意運動介助型刺激装置IVES:Integrated Volitional Electrical Stimulator、咽頭電気刺激装置Vital Stimを導入しています。

3.機能的電気刺激装置(FES:Functional Electrical Stimulation)

脳卒中の下肢麻痺の患者さんは歩行の際につま先を上げることができずに足を引きずってしまうことがあります。この状態で歩行訓練をすることはできないので、FES装置を用いて歩行訓練を行います。NESS L-300は総腓骨神経を電気で刺激して爪先を上にあげる運動を補助します。靴底に圧センサーを装着して、歩行時の圧の変化をとらえ、歩行のタイミングに合わせて電気刺激を行います。

4.随意運動介助型刺激装置IVES:Integrated Volitional Electrical Stimulator

IVESは麻痺肢の筋肉を動かそうとしたときの微弱な活動を電極で感知し、電気刺激を麻痺した筋肉に与える装置です。主に上肢の訓練で使用しています。

5.咽頭電気刺激装置Vital Stim

Vital Stimは咽頭期障害のある患者の嚥下関連筋・神経への電気刺激を行うことで筋収縮を高め、嚥下時の筋収縮パターンの再獲得に向けた手助けを行う装置で、嚥下機能の改善が見込まれます。

このようにニューロ・リハビリやロボット・リハビリの普及により、脳卒中リハビリは大きく変わろうとしています。当院脳卒中センターでは脳卒中急性期患者さんに対して、内科治療に加え外科治療や血管内治療を積極的に行っています。それら治療の次の治療として、ニューロ・リハビリやロボット・リハビリは期待されています。

医師紹介

医師 氏名 所属学会 履歴
画像の保存は出来ません
齊藤 元太
日本内科学会(認定内科医)
日本脳卒中学会(認定脳卒中専門医)
日本リハビリテーション医学会(リハビリテーション科専門医)
H6年 獨協医科大学卒