山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
新型コロナウィルス感染症対策の取り組みについて
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は7つのチームで
医療を進めております

脳卒中センターCenter of Stroke

脳卒中センター

東北6県は全国的に脳卒中患者が多い地域で、その中でも山形県は脳卒中の発症率が非常に高くなっています。ご存知のように脳卒中は命にかかわるだけでなく、重篤な後遺症が残ることが多くあります。

山形県対脳卒中治療研究会の最新の資料では、当院は脳卒中の患者数、手術数とも山形県で一番多く、これまでも専門の医療スタッフが積極的に治療に取り組んでまいりました。

このたび、脳卒中診療の更なる機能強化のため院内に「脳卒中センター」を新規開設し、新たな診療科「脳・血管放射線科」も設けました。


 

日本脳卒中学会「一次脳卒中センター(PSC)」認定施設です

当院は、2019年9月に日本脳卒中学会から24時間365日(24H/7D)脳卒中患者を受け入れ、患者搬入後に速やかに診療を開始できる「一次脳卒中センター(PSC:Primary Stroke Center)」として認定されています。

さらに2021年に、今までの実施体制調査や診療実績をもとに日本脳卒中学会から「地域においてコアとなるPSC施設(PSCコア施設)」として活動をすることを委嘱され承諾しております。

また、整備の一環として、急性期治療の提供のみならず、脳卒中患者さんに対して医療及び介護に関する適切な情報提供を行う「脳卒中相談窓口」を設置し、地域の統合的な脳卒中センターとして活動してまいります。
 

脳卒中患者を包括的に診療します

  • 超急性期の迅速な病態診断、治療方針決定を行い、血管内手術を含めた血行再建を積極的に行います。
  • 急性期リハビリテーションを拡充するとともに、関連診療科との連携で合併症の適切な管理を行います。
  • 入院中に十分な栄養指導・服薬指導等を行い、患者さんの疾患に対する理解を深め、生活習慣の改善を目指します。
  • 地域医療機関と連携し、再発予防に努めます。

 

救急搬送に対応できる診療機能の充実を図っています

  • 脳血管内治療専門医2名を含め、脳卒中専門医が24時間オンコール体制で対応します。
  • 最新型医療機器(MRI3機、血管撮影装置2機など)も24時間体制で稼動しています。

 

 

医師紹介

【室長】 近藤 礼

脳神経外科

 

  • 齋藤 伸二郎
  • 近藤 礼
  • 久下 淳史
  • 山木 哲
  • 本間 博

リハビリテーション科

  金内 ゆみ子
  •   
  •   








       
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  

      主な診療実績

      2020年 入院患者数

      病 名 患者数
      脳梗塞(発症7日以内) 326人
      脳出血22(発症7日以内) 141人
      くも膜下出血(発症7日以内) 37人
      慢性硬膜下血腫 83人
      一過性脳虚血発作(発症7日以内) 22人
      未破裂脳動脈瘤 33人

       

      脳神経外科 手術等件数

      手術等 2019年 2020年
      脳動脈瘤頚部手術 35件 37件
      脳内血腫除去 28件 38件
      頚部頚動脈内膜摘出術 14件 23件
      頭蓋内外血管吻合 15件 9件
      脳動脈奇形摘出術 5件 3件
      脳血管内手術 102件 79件
      外傷性頭蓋内血腫除去(硬膜外、下) 12件 10件
      慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 76件 80件
      超急性期血栓溶解療法(t-PA) 57件 66件