山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

入院案内 山形市立病院済生館入院案内 山形市立病院済生館

入院案内

1.入院の手続き
  1. 入院当日は,1階0番窓口で入院の手続きをしてください。

    別添の「入院申込書」をご記入のうえ提出してください。その時,本人確認のためリストバンド(患者さんのカルテ番号・バーコードを記載し入院中診察券に変わり使用する)を装着させて頂きます。

    <申込みに必要なもの>
    ◆診察券
    ◆健康保険証・医療受給者証
    (後期高齢者医療証,子育て支援医療証,重度心身障害者医療証など)
    ◆限度額適用認定証 [70歳未満の方] (健康保険の保険者に申請してください。)
    ※70歳以上で市民税非課税世帯の方も対象になります。
    ◆印鑑

    入院申込書には,必ず連帯保証人1名(入院される方と生計を別にする方で,かつ入院費用などの支払が可能な方)が必要ですので,その欄にご記入ください。

  2. 入院中に健康保険証などの変更がありましたら,すみやかに1階0番窓口にご提示ください。
  3. 交通事故や業務上のケガで入院される場合は,入院手続きの際お申し出ください。
2.持ち物
  1. 下記のものなどを持参してください。所持品には名前を記入してください。

    【洗面用具】
    □ 洗面器 □ 歯ブラシ □ シャンプー □ コップ  □ 石鹸 □ 髭剃り
    □ ボディーソープ
    【食事用具】
    □ 箸   □ 湯呑み  □ スプーン  □ フォーク
    【その他】
    □ 下着  □ はき物 □ バスタオル □ ティッシュペーパー □ タオル
    現在のんでいる薬 または 使用している薬(お薬手帳,説明書)

  2. 病衣(パジャマ)・寝具は当院でも用意しております。病衣が不要な方は担当看護師にお申し出ください。

  3. 大人用紙オムツも当院で準備しておりますので,利用を希望する方は担当看護師にお申し出ください。

  4. テレビは病室内に備え付けです。専用カードを4~10階の食堂にある自動発券機でお求めください。
    なお,未使用カードの精算は4~10階の食堂に精算機がありますのでご利用ください。テレビを使用の際は,イヤホンをお使いください。(イヤホンは売店で取り扱っています)

  5. 刃物類(ハサミ,ナイフなど)の危険物は,持ち込まないでください。
3.入院中の診療
<医師の診療>
  1. あなたの主治医が病気のことや検査・治療について十分な説明をいたします。
    ご不明な点や要望がございましたら,主治医または担当医にご相談ください。
    なお、厚生労働省より勤務医の過重労働の軽減に向け、勤務時間外に緊急でない患者さんの病状説明等を行わないよう指導されております。
    ご理解とご協力をお願いします。(勤務時間は平日8:30~17:15)

  2. ご自分以外に,病気の説明を受ける方をあらかじめご家族や信頼のできる方から選んでおいてください。

  3. 病棟での診療は,診療科によって曜日及び時間が異なります。

<看護>
  1. 患者さんの看護は,担当看護師が主になって行います。毎朝あいさつに伺います。

  2. 付添いは必要ありませんが,患者さんの病状などにより付添いを希望される場合や入院生活についてご心配なことは,病棟看護師長にご相談ください。

  3. 毎朝その日の担当看護師(日勤者)がネームカードを置いて行きます。

  4. 看護師は三交替(日勤・準夜勤・深夜勤)勤務体制をとっています。

<栄養食事指導>

糖尿病,肝臓病,腎臓病,心臓病等の患者さんに対して,管理栄養士による栄養食事指導を行っています。


<入院中の他病院受診について>

診療報酬制度により,入院中は主治医が必要と認めた場合を除き,原則として他の医療機関を受診することはできません。患者さんに代わり,ご家族の方がお薬を受け取りに行くことも同様にできません。入院中にお薬がなくなってしまうなど,お困りの際は,医師または看護師へご相談ください。

4.入院中のすごし方

起床

6:00です。

食事

(1)食事時間は,おおよそ朝食は8:00,昼食は12:00,タ食は18:00過ぎです。

(2)入院中の食事は,病状により治療食が用意されますので,飲食物などを院外から持ち込まないでください。

(3)常食の献立表は,病棟に掲示しております。朝食にパン食を希望される方は看護師に申し出てください。

(4)検査や手術などのため,食事が禁止され,お待ち頂くことがあります。

(5)4~10階に食堂を設置しております。気分転換,面会などにご利用ください。

洗濯

(1)病院備え付けの寝具,病衣類の洗濯は病院で行います。

(2)その他の洗濯は自宅で行うか,各病棟のコインランドリーをご利用ください。

入浴

主治医の許可がある方は,決められた時間内でご利用ください。

外出・外泊

(1)外出や外泊は主治医の許可が必要です。

(2)ご希望される場合,提出書類がありますので看護師にご相談ください。

電話

(1)公衆電話が1階エントランスホール,各階エレベーターホールにあります。

(2)院外からの電話は,患者さんのお申し出にもとづき,お取次ぎをいたします。

携帯電話

院内では医療機器の安全確保,療養・治療環境確保のため,携帯電話の電源をお切りください。

ただし,4~10階の食堂においては,下記事項に留意の上,携帯電話を使用できます。

<留意事項>
医療機器を使用する患者さんは,使用しないでください。
医療機器を使用中の患者さんの側で,使用しないでください。

迷惑行為
禁止

(1)病院敷地内での喫煙,飲酒は禁止されております。

(2)他人に迷惑をかけたり,病院のルールを守らなかったり,医療や看護に協力できない場合は退院して頂くことがあります。

消灯

21:30です。

5.個室の利用
  1. 個室などの利用を希望される方は,病棟の看護師にお申し込みください。

  2. 「個室等使用申込書」に記入,押印のうえ提出してください。なお,個室から別の個室に移動を希望された場合はあらためて,「個室等使用申込書」を提出して頂く必要になりますので,ご了承ください。

  3. 個室等の使用料,設備は下記のとおりです。使用料は健康保険が適用になりませんのでご了承ください。

  4. 個室の清掃は,不在の場合はご遠慮させて頂きます。在室を確認の上,清掃に伺います。

区分

使用料
(1日につき)

設備など

特別室

10,800円

洗面台,テレビ,冷蔵庫,トイレ,電話,インターネット,風呂・シャワー,FAX,応接セット,朝刊

1人室

5,400円

洗面台,テレビ,冷蔵庫,トイレ,電話,インターネット

2人室

2,160円

洗面台,テレビ,冷蔵庫

  • 2人室を1人で使用する場合は4,320円となります。
  • 特別室のFAX,電話及び1人室の電話は有料です。
  • 特別室を除きテレビは,専用カードが必要です。
  • インターネットを使用する場合は看護師へ申し出てください。なお,パソコンの貸出はしておりません。
  • 「1日につき」は,たとえば1泊2日の入院の場合は2日分の料金となります。
  • 「個室等使用申込書」は2枚複写式になっております。1枚は患者さんの控えとなりますので,お受け取りの上保管してください。
6.サービス施設の案内

施設名

場所

平日

土日,祝日

備考

患者図書室
「健康の広場」

2階

10:00~16:00

休み

年末年始を除く

済生館売店

1階

7:30~20:00

8:30~17:00

年末年始を除く

レストラン「ふじ」

2階

11:00~14:00

休み

 

ドトールコーヒー

1階

8:30~16:00

11:30~15:00

 

理容室・美容室

2階

9:00~17:00

休み

病室出張可

ATMコーナー
①山形銀行
②きらやか銀行
③ろうきん
④JAバンク

1階

9:00~18:00

9:00~17:00

年中無休

郵便ポスト
(済生館私設ポスト)

地下1階
守衛室前

日本郵便の回収は,平日16:00頃1回のみです。お急ぎの方は,済生館東側のタクシー乗り場付近のポストをご利用ください。

7.盗難予防
  1. 盗難予防のため,多額の現金・貴重品はお持ちにならないでください。

  2. 貴重品などは必ず床頭台内の鍵付き保管庫に保管してください。

  3. 各種カード類は,健康保険証や免許証と一緒に保管しないようにしてください。

  4. 病室を離れる際は,保管庫の鍵をお持ちになってください。
8.ご面会
  1. 面会時間は13:00から20:00までですが,患者さんの病状などにより,面会をお断りすることがあります。

  2. 病院感染防止のため,①各病棟に消毒液を設置しておりますので,面会前に必ず手指を消毒してください。②風邪をひいている方やお子さん連れの方はマスクをして面会してください。③発熱,下痢,はきけなどの症状のある方は面会をご遠慮ください。④医療者がマスク,手袋を使用する場合があります。そのため廊下にマスク,手袋などが設置してあります。医療者用ですのでご理解願います。

  3. 面会者への病室案内は,患者さんのお申し出にもとづきご案内します。

  4. 面会の方は,盗難防止のために貴重品をお手元にお持ちください。

  5. 面会の際は,他の患者さんに迷惑がかからないように配慮してください。
9.退院
  1. 原則として午前中となります。

  2. 退院前に,主治医(もしくは担当医)と看護師が退院後の生活などについて説明します。
10.入院費用
  1. 入院費用は,入院料と治療費(検査や投薬,手術料等)と食事の負担額の合計額となります。
    なお,入院費用の詳しい計算方法については,次の項目「11 入院費用の算定について」を参照ください。

    《限度額適用認定証制度》

    70歳未満の方は,「限度額適用認定証」を提示頂くと,診療費として病院へ支払う金額が自己負担限度額までになります。入院時には必ず「限度額適用認定証」をご持参ください。

    ※70歳以上の方で市民税非課税世帯の方も対象となりますので,「限度額適用認定証」をご持参ください。

    <申請の流れ>
    (1)
    事前に保険者に申請して,認定証の交付を受けます。
    申請の際は,ご本人の保険証と認印をお持ちください。

     [申請先]
     国民健康保険・後期高齢者医療保険の方 : 市町村役場
     協会けんぽの方 : 全国健康保険協会(山形支部 TEL023-629-7225)
     共済・健保組合の方 : 勤務先

    ※代理人が申請する場合,代理人の身分証明書・認印も必要です。
    ※申請した月からの適用となるため,下旬からの入院の際は月内にお手続きください。

    (2)
    限度額適用認定証を1階0番窓口にご提示ください。
    限度額までの支払いとなります。

    ※限度額の適用は,月ごと(1日から末日)に計算します。
    ※同一月に入院と外来請求がある場合,合算ではなく,それぞれの適用となります。




    ◆制度の詳細及び認定証の交付に関しては,申請先へお問い合わせください。

    <限度額適用認定証を提示された場合の“限度額”(70歳未満)>

    所得要件 自己負担限度額 区分
    基礎控除後の所得(注1)901万円超
    または所得未申告世帯
    252,600円 + (総医療費 - 842,000) × 1%
    基礎控除後の所得(注1)
    600万円超~901万円以下の世帯
    167,400円 + (総医療費 - 558,000) × 1%
    基礎控除後の所得(注1)
    210万円超~600万円以下の世帯
    80,100円 + (総医療費 - 267,000) × 1%
    基礎控除後の所得(注1)210万円以下の世帯 57,600円
    市民税非課税世帯/td> 35,400円

    (注1)…基礎控除後の所得とは、国保税算定の基礎となる所得です。


  2. 次の費用は保険適用となりませんので,所定の料金を納めてください。
    ◆特別室・個室の使用料 ◆紙おむつ使用料  ◆予防接種料
    ◆分娩管理料等      ◆証明書・診断書料 ◆その他

  ご不明な点がございましたら,1階医療相談室へお尋ねください。

11.入院費用の算定について


当院は,平成20年4月よりDPC対象病院となりました。「DPC」(Diagnosis Procedure Combination の略)とは,従来の診療行為ごとに診療費を計算する「出来高方式」とは異なり,入院患者さんのご病気とその病状を基に国で定めた診断群分類毎に1日あたりの定額の点数からなる包括評価の範囲(投薬料、注射料、入院料等)と,出来高評価の範囲(手術料、麻酔料等)を組み合わせて診療費を計算する方式です。手術料・麻酔料・リハビリ・放射線治療・一部の検査や処置などの料金,退院時に処方される薬剤費,食事代や個室代などは含まれませんので,上記定額分に加算されます

<DPCで包括払いされる範囲>

診療区分

包括評価されるもの

包括されず出来高評価されるもの

基本

入院基本料等
特定入院料の一部

初診料,入院基本料等
特定入院料の一部(加算扱い)

指導・在宅

-----

指導管理料,指導用薬剤・材料
在宅医療,診療情報提供(紹介状)

検査

右記を除く検査,検査用薬剤・材料

心臓カテーテル,内視鏡,診断穿刺,検体採取,病理診断,病理学的検査診断

画像診断

右記を除く検査,検査用薬剤・材料

選択的動脈造影カテーテル手技,画像診断管理加算

投薬・注射

右記を除く投薬・注射

退院時に処方される投薬・注射

リハビリ

リハビリで使用する薬剤

リハビリ

放射線治療

-----

放射線治療

処置

右記を除く処置,処置用薬剤・材料

1,000点(10,000円)以上の処置

手術・麻酔

-----

手術・輸血・麻酔の手技・薬剤・材料

食事

-----

食事療法(食事代)

その他

-----

室料差額・診断書等の文書料 など

<DPC対象外の患者さん>
  • 患者さんの病気や治療の内容に応じて分類される「診断群分類」のいずれにも該当しない患者さん
  • 治験の対象となる患者さん
  • 入院後24時間以内に死亡された患者さん
  • 生後7日以内に死亡された新生児の患者さん
  • 包括評価が算定できる期間を超えて入院された患者さんはその超えた日から
  • 労災保険や公務災害が適用される患者さん
  • 正常分娩や交通事故等で自費扱いとなる患者さん

なお,DPC対象外の患者さんは,診療行為毎に診療費を計算する「出来高方式」によって,計算されます。

入院
医療費

1日あたりの
包括診療費

×

入院
日数

×

医療機関別
係数

出来高
診療費

食事代・室料
差額等

注1)手術,一部の処置・検査等は実施された項目に応じて包括評価とは別に「出来高方式」により算定されます。また,包括評価の点数は,診断群分類,入院日数等により異なります。なお,病院毎に一定の係数(医療機関係数)が定められており,同一の診断治療でも病院によって医療費の総額が異なりますのでご留意ください。

ご不明な点がございましたら,1階医療相談室(内線2293)へお尋ねください。

12.証明書・診断書など
  1. 証明書,診断書は,退院が決まり次第,1階0番窓口にお申し込みください。なお,土日,祝日は受付しておりません。ただし,入院中に必要な場合についてはこの限りではありません。

  2. 当院が指定した様式の診断書は,おおむね2週間で作成されます。

  3. 証明書,診断書の料金は,内容によって異なりますので,1階0番窓□にお問い合せください。
13.お支払い


入院の費用は,月毎に計算して原則として退院時に請求させて頂きますが,月をまたがって翌月10日頃まで引き続き入院されている患者さんに対しては,13日頃に前月分の『診療費納入通知書(請求書)』をお渡しします。

ただし,入院後の症状の経過や治療の内容によって「診断群分類」が変更になった場合には,医療費の請求が変動することがありますので,退院時等に前月までの支払額との調整を行うことがあります。なお,公費負担につきましては,従来どおり適応されます。

なお,「限度額適用認定証」をご提示頂くと,支払額が自己負担限度額までとなりますので,入院時には必ず「限度額適用認定証」をご持参ください。

(1)退院前日

入院診療費の概算額(おおよその額)をお知らせいたします。退院日までに処置・検査などがあれば,変更になります。退院前日より前に概算額を知りたい方は,病棟看護師にお申し出ください。

(2)退院当日

『診療費納入通知書(請求書)』を1階2番計算窓口でお渡しします。ただし,土日・祝日等にあたるときは,後日郵送となります。

<お支払い方法>

現金

①当院(1階3番会計窓口)開院日 8:30~17:00
②山形銀行 本店・各支店
③コンビニ各店 ※専用の払込用紙がありますので,必要な方はお申し出ください。

クレジットカード

当院(1階3番会計窓口)開院日 8:30~17:00
1回払い,分割払い(2回払い,ボーナス払いは除く),リボ払いが可能です。

金融機関振込み

振込み手数料は患者さんのご負担となります
振込人名は,必ずカルテ番号(診察券裏面記載)・患者名でお願いします。

  山形銀行 ゆうちょ銀行
支店名 山形市役所支店(店番号119)  
口座名 山形市立病院済生館 山形市立病院済生館
口座番号 (普)0036501 02400-3-2020

医療費のお支払いが困難な場合は,1階医療相談室にご相談ください。

《出産育児一時金の直接支払制度》

出産前に病院へ合意文書を提出していただくことにより、出産にかかる費用を患者さんにかわって保険者が病院に直接振り込む制度があります。詳しくは1階0番窓口にお尋ねください。

14.医療相談のご案内

診療や退院後の不安,保健・福祉サービスの利用,医療費や生活費等の経済的な心配ごとの相談を,1階医療相談室(内線2293)で行っております。お気軽にご相談ください。

15.非常時の対応
  1. 入院時に避難経路(各階とも中央及び両端の階段入口)を確認しておいてください。

  2. 災害の発生など非常時には,院内放送及び職員が誘導しますので,職員の指示にしたがい落ち着いて行動してください。

  3. エレベーターは使用しないでください。
16.その他
  1. 入院患者さん自家用車の市営済生館前駐車場の利用には,料金がかかります。

  2. 済生館前駐車場の利用助成は
    ・入院患者への面会は,1時間まで 助成します。
    ・入院当日・手術当日・病院からの呼び出しがあった場合は,助成します。
    ・緊急入院・緊急手術の場合は,病棟の看護師に申し出てください。

  3. 職員への“お心づかい”は一切お断りいたしております。

  4. 病院敷地内は全面禁煙となりますので,ご協力をお願いします。
病院内でコンサートなどの催し物を開催しております。その都度ご案内をさせて頂きます。ホスピタル・コンサート案内