山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
新型コロナウィルス感染症対策の取り組みについて
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は7つのチームで
医療を進めております

館長あいさつ

山形市立病院済生館
館長  貞弘 光章

 

 我が国では高齢化が急速に進み、疾病構造の変化と複雑化が見られております。この状況に適切に対応し、そして第一に市民の皆様に最良の医療を提供するためにも、地域の医療機関との機能役割分担と医療連携による効率的な医療供給体制の整備が必要となっております。

 そうした中で当院は県内初の地域医療連携拠点病院として地域医療の向上に努め、救急搬送受け入れを断らないことを大原則とした救急医療に力を注ぎ、さらに、がん診療の充実、脳卒中センターと急性期リハビリの充実、地域糖尿病センター、慢性腎臓病パスの活用など、診療所や医療機関との連携強化と全ての診療科の機能の向上を図って参りました。

 生命の尊厳と人類愛を基本として、皆様の権利を尊重し、相互の信頼を大切にしながら全職員が資質向上に努め、思いやる心を第一に、安全で良質な医療の提供に職員一丸となって取り組んでおります。

 市民の皆様に信頼され、愛される病院を目指し、そして健康医療先進都市の実現に向けて日々精進する所存ですので、なにとぞ皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

                                        令和2年10月