山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

院内組織体制の紹介 山形市立病院済生館院内組織体制の紹介 山形市立病院済生館

院内組織体制の紹介

緩和医療部会(緩和ケアチーム)

(緩和ケアとは)

がんなどの疾患や治療に伴う様々な痛みや症状の緩和、精神的・社会的問題、自己の存在・生き方への問いなどに対し、がんと診断されたその時から、治療の時期、最期の時まで自分らしく生きることを共に考え、患者さんと御家族に対して援助を行うことです。

(緩和ケアチームとは)

医師や看護師、薬剤師など多職種で構成される医療チームです。

医療の多様化・複雑な問題やニーズに対して、それぞれの専門家が意見を出し合い,質の高い、適切なケアを提供します。当院では2005年7月から活動を開始しています。

(緩和ケアチームの活動)

入院患者さんだけでなく、外来患者さんや御家族に対して、主治医、担当看護師、薬剤師と連携し援助を行っています。また、がんの患者さんだけでなく、援助が必要なあらゆる患者さんに対しても行っています。

院内勉強会や定期的に緩和ケア担当看護師とのミーティングを行い、緩和ケアの啓蒙活動も行っています。

(緩和ケアチームメンバー)

医師2名、緩和ケア認定看護師2名、がん化学療法認定看護師1名、地域医療連携室看護師1名、病棟看護師1名、薬剤師1名の8名で構成されています。また、各病棟・外来に緩和ケア担当の看護師(がん看護リンクナース)がおります。

(緩和ケアチームへの相談方法)

入院・外来患者さんとその御家族が対象です。

専用の申込み用紙に記入頂くか,主治医あるいは看護師に御相談下さい。依頼を受けた後、主治医・担当看護師と連携し援助を行います。主治医や担当看護師との関係は今までどおり変わりありません。症状の軽いうちから相談して頂けるとより効果的です。

どのような症状や問題に対してもその人らしく過ごせるよう、積極的に援助し、 患者さんと御家族を支えていきます。気軽にご相談ください。