山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

済生館 高等看護学院

高等看護学院のご案内

学院長 あいさつ

学院長 増田 啓治

学院長 増田 啓治超高齢社会となり、少子高齢化と人口減が進んでいる社会のなかで、疾病構造の変化や医療の高度化、医療保険制度の問題なども加わり、医療を取り巻く環境は年々大きく変わってきています。そのような中で私たち医療従事者は常に新しい情報を得ながら、質の高い安全な医療を温かい心で患者さんに提供できるように精進しなくてはなりません。一方で、そうした環境のなかでも看護の本質は決してかわることなく、看護に対する社会のニーズは常に存在して活躍の場は広がっており、看護職に対する期待はますます大きくなってきています。

当学院では、長い歴史と伝統のなかで多くの有能な人材を輩出しております。豊かな人間性を養い、自らを高め、患者の痛みを共有できる看護師を育てるようきめ細やかな教育を心がけています。3年間という期間で、授業や臨地実習、その他の行事などを通して多くのことを学び、吸収して、医療人としても社会人としてもさらに成長していけるように講師・教職員一丸となって取り組んでまいります。

学院の特色

教育理念

ナイチンゲール本学院は、以下を理念として掲げ教育していきます。

  1. 保健・医療・福祉施設や地域において、市民の健康の担い手として活躍できる質の高い看護師を育成します。
  2. 生命の尊厳と高い倫理観を基礎とした豊かな人間性を養い、看護の対象である人間に対する深い理解と共感を持つことのできる専門職業人を育成します。
  3. 科学的な根拠に基づいた知識・技術を用い、対象にとって最適な健康状態を目指し支援できる基礎的な看護実践能力を育成します。
  4. 生涯にわたって、自己啓発に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる能力を養います。

卒業時到達目標

卒業時到達目標

教育課程

教育課程

学院概要

卒業後の資格 本学院のカリキュラムを修了すると、以下の受験資格が得られます。
1)看護師国家試験受験資格
2)保健師・助産師学校の受験資格
3)養護教諭養成課程の受験資格
4)看護系大学への編入学の受験資格
諸費用 ・入学金 10万円
・授業料 月額2万円
・初年度経費  約33万円 (実習費、教科書代、被服代等)
奨学金等 日本学生支援機構奨学金を紹介しています。
奨学会 学生の教育の振興や助成を目的として、保護者・教職員をもって奨学会が組織されています。総会や役員会も開かれ、学院と保護者との情報交換の場ともなっています。年1回(前期)納付していただく奨学会費は自治会活動などの補助のために活用されています。(平成29年度納入額24,000円)       

国家試験結果および卒業生の進路状況

国家試験結果

実施年 全国合格率(%) 本学院合格率(%)
2018年 第107回看護師国家試験 91.0 100
2017年 第106回看護師国家試験 88.5 100
2016年 第105回看護師国家試験 89.4 100
2015年 第104回看護師国家試験 90.0 100
2014年 第103回看護師国家試験 89.6 100
2013年 第102回看護師国家試験 88.8 100

卒業生の進路状況

卒業生の進路状況

就職・進学先(H29年3月~H30年3月卒業生)

【県内】 山形市立病院済生館、山形県立病院、東北中央病院、公立置賜総合病院、山形済生病院、山形大学医学部附属病院、みゆき会病院、北村山公立病院、日本海総合病院
【県外】 仙台厚生病院、仙台医療センター、社会福祉法人三井記念病院、東京都立小児総合医療センター、神奈川県立がんセンター、さいたま赤十字病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、京都第一赤十字病院
【進学】 山形大学医学部看護学科、山形県立保健医療大学看護学科、山形大学養護教諭特別別科、新潟大学医学部保健学科、埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科、青森県立保健大学、日本赤十字社助産学校、福島県立総合衛生学院、茨城県立中央看護専門学校助産学科

本学院案内図

済生館高等看護学院 地図


済生館高等看護学院ロゴ 〒990-8533 山形県山形市七日町1丁目3番26号
山形市立病院済生館高等看護学院
TEL 023-634-7125