山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

薬局 業務紹介【調剤】

院外処方箋へのかかわり

院外処方箋へのかかわり 当院では、原則として院外処方箋を発行しています。院外処方箋についても、特に注意が必要なお薬は、薬局システムでチェックできる仕組みとなっており、その都度、薬剤師が電子カルテを確認し、患者さんが安心してお薬を服用できるようサポートしています。

【入院処方、外来院内処方】
発行された処方箋を元に調剤を開始します。
重複や相互作用の確認、休薬が必要なお薬、その他特殊な飲み方をするお薬が処方となった場合は、お薬の量、飲み方、日数が正しいかどうかなど電子カルテを使用し、確認を行います。
確認が終了後、調剤を開始します。

計数調剤

計数調剤 指示された薬剤を、必要な錠数集めています。
ひとつひとつの薬に棚番号が決められており、それらの番号や、錠剤の総量が処方箋に記載され、間違わずに集められるように工夫しています。

計数調剤散薬調剤

散薬調剤 粉薬を調剤しています。それぞれのお薬はバーコードで管理され、指示通りのお薬を間違いなく調剤できるように工夫しています。
秤量後、1回服用分ずつ分包します。

水剤調剤

水剤調剤 水薬を調剤しています。それぞれのお薬は散剤同様にバーコードで管理され、指示通りのお薬を間違いなく調剤できるように工夫しています。
1回服用分に印を付けたキャップを添付しています。

軟膏調剤

軟膏調剤 軟膏の混合指示があった場合は、それぞれのお薬を秤量し、均一となるように練ります。
軟膏ミキサー(マゼリータ)を用いることもあります。
専用の容器に詰め、使用部位の指示がある場合は明記しています。

一包化調剤

一包化調剤 錠剤、カプセルを1回服用分ずつ分包しています。機械の中には常時300種類以上のお薬が入っており、指示通りに分包される仕組みとなっています。1回の服用が0.5錠の場合などは、その都度必要数をセットし、他のお薬と一緒に分包しています。

監査

監査 処方内容、調剤内容に間違いがないか最終的な確認を行っています。疑問点があれば、カルテを確認したり、医師に問い合わせを行っています。調剤する薬剤師と監査する薬剤師は異なり、複数の薬剤師が目を通すことで、患者さんへ安全にお薬を提供できるよう努めています。

窓口でのお薬のお渡し

窓口でのお薬のお渡し 監査されたお薬を患者さんへお渡しします。お薬の効果、副作用の説明、数の確認を行い、疑問があればお答えします。また、薬歴管理のため、お薬手帳にシールを貼付しています。