山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は6つのチームで
医療を進めております

地域医療支援病院とは地域医療支援病院とは

地域医療支援病院とは

地域医療支援病院とは

 平成8年4月に創設された制度で、地域の病院、診療所などを後方支援するという形で、各医療機関の機能の役割分担と連携を目的にしています。都道府県知事によって承認され、二次医療圏あたり一つ以上存在することが望ましいとされています。

 当院は平成15年11月に,山形県内では初となる“地域医療支援病院”に承認されました。当院では病診(病院と診療所)連携と医療の質の充実を図り,診療所医師の在宅医療支援を積極的に行っています。また施設・機器の共同利用も推進し,更に地域医療従事者との研修会を開催するなど,地域医療水準の向上のための取り組み、情報提供を行っています。

 平成21年10月現在、山形県における地域医療支援病院は5病院です。(当院のほか、鶴岡市立荘内病院、公立置賜総合病院、日本海総合病院、山形県立中央病院)

承認要件

主な要件は次のとおり。医療法第4条(具体的には医療法と厚生労働省令)に記されています。

  • 病院の規模は原則として病床数が200床以上の病院であること。
  • 他の医療機関からの紹介患者数の比率が80%以上であること。あるいは紹介率60%以上かつ逆紹介率30%以上、または紹介率40%以上かつ逆紹介率60%以上であること。
  • 建物、設備、機器等を地域の医師等が利用できる体制を確保していること。
  • 地域の医療従事者に対する研修を実施していること。
  • 救急医療を提供する能力を有すること。

地域医療支援病院業務報告書について