山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は5つのチームで
医療を進めております

当院のがん診療の特徴 山形市立病院済生館当院のがん診療の特徴 山形市立病院済生館

当院のがん診療の特徴

大腸がん

早期がんに対しては、色素拡大内視鏡やCTなどにて適応を十分に検討した上で、早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。一方で早期がんでも、粘膜下層へ深く浸潤している症例では、外科にて腹腔鏡下に結腸摘出術を行っています。

大腸の進行がんについては、消化器内科と外科の協議の上で治療方針を検討します。大腸の閉塞に対しては、通過を可能とするため、症例によっては内視鏡を用いたステント留置を行っています。外科手術、化学療法等、治療ガイドラインに則って適切な治療を提供しています。

【関連ページ】 消化器科内案内外科案内

最新の診療実績(診療科別・部門別臨床指標)