山形市立病院済生館

文字サイズ
背景色
病児・病後児保育室
臨床研修医募集
地域糖尿病センター
糖尿病と血管合併症を
トータル・マネジメント
脳卒中センター
脳卒中患者を
包括的に診療します
チーム医療
済生館は5つのチームで
医療を進めております

当院におけるがん診療 山形市立病院済生館当院におけるがん診療 山形市立病院済生館

当院におけるがん診療

「がん」は遺伝子の異常が蓄積していくことで発症する細胞の病気です。今でも一生涯のうち日本人の2人に1人が「がん」にかかっており、「がん」は最もありふれた病気の一つと言えます。年々「がん」に対する治療法が進歩しているとはいえ、平成17年には年間約32万人、日本人の約3人に1人(30.1%)が「がん」で亡くなっています。10年後には日本人の3人に2人が「がん」にかかり、2人に1人が「がん」で亡くなると推計されています。

 

平成18年6月に「がん対策基本法」が制定され、平成19年4月に施行されました。その基本理念は「国民が等しく科学的知見に基づく適切ながんに関わる医療(「がん医療」)を受けることができるようにする」こととされています。

 

当院では「科学的知見に基づく医療」(「標準治療」とも呼ばれています)はもとより、放射線治療をはじめとする最新の治療、技術の導入と病診連携の強化を図り、切れ目のない良質で最適な「がん医療」を推進しています。